頸部椎間板ヘルニアによる肩の痛み

椎骨間の椎間板の老化が進むと「頸部椎間板ヘルニア」を発症することがあります。
頸部椎間板ヘルニアも首や肩のこりや痛みを伴います。
ヘルニアとは、組織に中身が外に飛び出してしまう症状を指す言葉です。
椎間板の中身が飛び出してしまう椎間板ヘルニアは、首だけでなく胸部、腰部の脊椎でも起こります。

椎間板が老化し始めると、水分量が減って弾力が失われていきます。
椎間板の外側を覆う線維輪や神経根を圧迫して、痛みが生じます。
特にヘルニアは後方に飛び出しやすく、首を後ろに傾けたときにヘルニアが押し出されると、圧迫が強まって激しく痛みます。
痛みやしびれは首や肩だけでなく、腕から指先にかけてもあらわれ、重症になると下半身にまで神経痛になります。
このような自覚症状が出たら、早期に診断を受け治療に取り組んでください。
治療には、牽引療法や装具療法が用いられます。
症状が軽いときは、通院で可能ですが、進行している場合は安静が必要のため入院して治療をすることになります。

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved