変形性頸椎症による肩の痛み

頸椎の老化が進んで、椎骨の変形がはっきりとみられるようになる病気が「変形性頸椎症」です。
椎骨の変形が始めると、骨の表面に棘のような突起ができますが、この棘(骨棘)が椎骨の背中側にできると、脊髄や神経根と血管を圧迫するようになります。
骨棘が大きくなければ圧迫も弱いので、肩がこるといった程度です。
症状が進むと、首や肩の痛みやしびれ、脱力感がなかなかとれなくなり、後頭部に痛みがあらわれるようになります。
また、血管の椎骨動脈を圧迫するようになると血行障害が起こり、脳への栄養補給に障害が起きると、脳が貧血状態となってめまいを引き起こします。
さらに症状が進行すると、巨大化した骨棘が脊髄を圧迫するようになり、排尿障害や歩行障害など、下半身の神経障害がでることもあります。

変形性頸椎症は、早期のうちに牽引療法やカラーを用いた装具療法などの治療を受ければ、症状の進行をかなり食い止めることができます。
症状が重くなってからでは、こうした方法ではなかなか回復しません。
症状が深刻になり、日常生活に支障をきたすようなときは、手術によって症状の改善を図ります。

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved