肩の痛みが特徴

50代を中心に40代から60代の年代に多発する五十肩は、身近な症状です。
五十肩とは俗称であり、正式には「肩関節周囲炎」といいます。

五十肩になると、物を持ち上げようとした瞬間やゴルフのスイングをした瞬間など突然激痛に襲われ、それ以降は肩を動かすたびにひどい痛みがあらわれるケースが多いようです。
いったん症状が出ると日常生活にも支障きたすようになります。

また、症状が重くなると、夜間床についてからも痛むようになり、ぐっすり眠ることができなくなって、精神的ストレスもたまりやすくなります。
五十肩は、どんなひどい症状でも半年から1年半くらいで回復します。

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved