胸郭出口症候群による肩の痛み

首や肩周辺の組織が変形したり炎症を起こすと、肩から腕にかけての神経や椎骨や脊髄にある血管はすぐに圧迫されてしまいます。
神経が圧迫されると刺激が痛みとなり、血管が圧迫され血行障害を引き起こします。
神経や血管の圧迫が原因で、首・肩・腕の痛みを引き起こす病気に「胸郭出口症候群」があります。
胸郭出口症候群は、なで肩の人に多く、肩こりの他にも腕や手指のしびれ、重圧感、疲労感、冷えなどの症状があらわれます。
このような症状は、首筋の斜角筋からわきの下にかけての胸郭出口と呼ばれる部分に分布する上腕神経叢(じょうわんしんけいそう)という神経の束が圧迫されて起こります。

上腕神経叢は、腕の先端にいくにしたがって細く分かれ、末梢神経となって手指にまで達しています。
このため上腕神経叢が受けた刺激は、末梢神経を通って肩から指先までの広い範囲にさまざまな症状が出るのです。
なで肩に多い理由として、なで肩の人は、肋骨が水平ではなくやや斜めに下がり気味で、鎖骨との隙間が狭いので、神経や血管が圧迫されやすく、症状がでやすいのです。
また、姿勢が悪く斜角筋が緊張しているので、症状が出ていることもあります。

治療法は、筋力アップさせる運動療法が中心です。
症状が重いときは、肩甲骨と上腕骨のあたりに装具をつけて圧迫を軽減し、胸郭出口付近を広げることもあります。

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved