肘部管症候群による肩の痛み

肘を骨折したり脱臼してから何年も経ってから、手の小指にしびれが出るのが肘部管症候群です。
これは、怪我によって変形したり、ずれた骨が神経を圧迫するために起こる症状です。
圧迫されるのは、肘から小指にかけて通っている尺骨神経です。
尺骨神経は肘の部分で肘部管と呼ばれるトンネル状の細い管の中を通っています。
机の角などに肘をぶつけたときに、小指の先まで痛みが走ることがありますが、この痛みが伝わる経路が尺骨神経です。

怪我などでこの管に隣り合う骨が変形し、肘部管を圧迫され神経が絶えず押され続けるようになります。
その状態で何年も肘を使っていると、神経組織の傷みが激しくなり、痛みやしびれがあらわれるのです。
また、尺骨神経が手首あたりで圧迫を受けて、しびれなどが引き起こしているときには、区別して「尺骨神経管症候群」ということもあります。
症状としては、肘の関節の痛みや手のひらと甲の小指側のしびれのほかに、感覚の鈍りも出てきます。
軽症であれば安静療法や薬物療法を行って経過をみます。
日常生活に支障きたすような重症のときは、手術で神経を圧迫している骨の変形部分を除去することになります。

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved