手根管症候群

手指の中でも、特に親指や人さし指にしびれが出るのが手根管症候群です。
手首を不自然な位置に固定したまま手先の作業を続けたり、手首に繰り返し強い力を加え続けたりした結果、神経が圧迫される病気です。
男性よりも女性に多く、糖尿病や肝臓病、リウマチや透析中の人に発症しやすいといわれています。
手根管とは、手首の中央にあるトンネル状の狭いスペースに、正中神経や指を曲げ伸ばしするのに必要な屈筋腱をはじめ、さまざまな器官が通って、ぎっしりと詰まっているので、手根管内に炎症が起きると痛みの原因になりやすいのです。
圧迫が続くと、神経組織が大きなダメージを受け、手指や手のひら、腕や肩にまでしびれや痛みがあらわれるようになります。
さらに、悪化すると夜間や明け方に激しい痛みが起き、指先の脱力感や感覚の鈍りを伴うこともあります。

症状の改善には、手首にかかる負担を減らすことが大切です。
仕事環境を変えたり、サポーターをつけるなどして経過をみましょう。
症状が軽い場合は、こうした方法で回復しますが、重症のときは圧迫と取り除く手術が必要なこともあります。

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved