スポーツや細かい作業による痛み

テニスや筆記作業など肘周辺に痛みを感じるというのは、一般に「テニスひじ」と呼ばれている症状で正式名称は、「上腕骨外上顆炎」といいます。
その名のとおり、テニスをする人や、手先の細かい作業の多い人、主婦にも多くみられる症状です。
肘の外側の痛みが主な症状で、手首をそらしたり不自然な形で固定したりしたときに痛みが強まるのが特徴です。
障害は、肘関節の外側についている2つの筋肉の短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)と総指伸筋(そうししんきん)のそれぞれ骨につながる部分の異常によって起こります。
この2つの筋肉が酷使された結果、疲労がたまって炎症や断裂を起こすと、痛みや脱力感などの症状があらわれるのです。
これらの症状が出たら、原因と見られるスポーツや作業を中止して、安静にします。
経過をみて、力を入れて握りこぶしができるようになったら、再開します。
しかし、痛みがなかなか引かないときは、整形外科での治療が必要です。

短橈側手根伸筋・・・手首をそらす働きをする
総指伸筋・・・手指を伸ばす働きをする

Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved