肩の痛み、それは病気のせい?

肩こり(肩の痛み)には、病気未満の筋肉疲労性の肩のこりと、何らかの病気や損傷が引き起こす肩の痛みの2つがあります。筋肉疲労性の肩のこりであれば、正しい生活習慣を身につけることによって、症状を改善することができますが、病気や損傷が原因となっている肩の痛みの場合は、何よりもまず治療に取り組まなければなりません。肩の痛みの原因となる病気や損傷にはさまざまなものがあり、ときに思いもよらない病気が潜んでいることもあります。肩の痛みが何らかの病気のシグナルなのか、それとも特に心配のいらないタイプなのか、まずは知る必要があります。

肩の痛みを引き起こす病気
肩の痛みの原因となる病気
肩関節の疾患が原因の五十肩
肩の痛みが特徴
肩関節の老化による肩の痛み
五十肩の発生
五十肩の治療法
圧迫障害による肩の痛み
胸郭出口症候群による肩の痛み
手根管症候群
肘部管症候群による肩の痛み
頚椎の病気が原因となる肩の痛み
頸椎の病気による肩の痛み
変形性頸椎症による肩の痛み
頸部椎間板ヘルニアによる肩の痛み
後縦靭帯骨化症による肩の痛み
全身に広がる痛み
脊髄にできた腫瘍による肩の痛み
がんの疑いのある肩の痛み
むち打ち症
むち打ち症の程度
むち打ち症は適切な治療を
むち打ち症の影響
スポーツ障害による腕の痛み
スポーツや細かい作業による痛み
病院での診察
整形外科での診断
民間療法を考える前に
基本的治療法
最終手段は手術
Copyright © 2007 肩の痛み、それは病気のせい?. All rights reserved